読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国パククネ問題 大規模退陣デモ

 

なぜ米国1%の利益ための政治をしてきたのに、大規模デモが起こったのか?

ありもしない従軍慰安婦問題を捏造し、CIA、統一教会主導の元、日韓離反のために

尽くしてきたのに、なぜ、今になってパククネが叩かれなければいけないのか?

 

それは、中国と仲良くしてるからじゃないんですか?

米国寡頭勢力1%は、米国経済の為に日中韓は常に緊張状態にしておきたい。

しかし、韓国は中国とすぐに仲良くする。

 

パククネは、親日の両親を殺した憎きKCIAへの矛先を日本に向け、自分自身を騙して、米国寡頭勢力1%のための政治をしてきたが、中国主導のアジアインフラ銀行に参加した事は米国1%への裏切りとみられた。その仕返しがパククネ退陣デモではないのか?

 

sputnik

韓国の難しい選択:中国につくか、米国につくか?
アジア太平洋地域の12カ国は、環太平洋経済連携協定(TPP)について大筋合意した。これは米国、オーストラリア、東南アジア諸国などが参加する最大の自由貿易協定で、人口8億人、世界経済の40パーセントを占める経済圏になるとみられている。一方で韓国はまだTPPには参加していない。なぜならTPPに対する韓国の関係は現在、非常に複雑だからだ。

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/business/201510071005447/