読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーチンとトランプがリビア再統合へ

 

国際ニュース 田中宇氏 無料版

プーチンとトランプがリビアを再統合しそう

http://tanakanews.com/161208libya.htm

リビアは、オバマ政権が国家崩壊させ、破壊した国の一つだ。

tanakanews.com

カダフィの真実を知ってほしい リビア 新世界秩序 NATO - YouTube

 

http://raizen.seesaa.net/article/231498513.html

www.youtube.com


リビアの国民は、世界で最も豊かであった。

カダフィ氏は、自国の富を国民に分配し、シオニスト国家からの搾取に対し最後まで戦った英雄だった。

 

http://d.hatena.ne.jp/gyou/20111030/p1

d.hatena.ne.jp

 

<転載開始>

 

私がリビアとムアンマル・アル・カダフィについて知ったこと。

1951年、リビア世界で最も貧しい国だった、、、

 

しかし、NATO侵攻以前はアフリカで最も高い生活水準を誇っていた。

生活水準は、ロシアよりも、ブラジルよりもサウジアラビアよりも高かった。

リビアでは、家を持つことが人権と見なされている。

新婚夫婦マイホームを買うために5万ドル政府から支給される。

電気代は全ての国民に対して無料

これは作り話ではない。

 

カダフィはかつて、全てのリビア人に家を与えることを誓ったのだ。

彼はその誓いを守った。

彼の父は家を持てずに死んだからだ。

 

カダフィ以前は、リビア人の5分の1以下が読み書きが出来なかった。

現在は、教育無料で質が高い、識字率は83パーセント。

医療無料で質が高い。

リビア人が必要な教育医療リビアで見つけられない場合は、リビア政府が彼らが外国へ行けるように手配する。

ローンは全て利子0パーセントと法律で決まっている。

リビア人が車を買うとき政府が半額を払う。

ガソリン代は0.14ドル/L。

農業化を志望するリビア人には、土地、家、器具、家畜種子無料で支給される。

 

2011年7月1日、170万人の国民トリポリの緑の広場に集まりNATO爆撃に挑戦する態度を示した。

トリポリ人口の約95パーセントが集まっていた。

これはリビア国民の全体の3分の1に相当する!

 

リビア中央銀行は、西洋の全ての銀行と違って国有銀行だ。

ロスチャイルドの所有ではなく、債務から自由な金を振り出す。

1990年、リビアロッカビーパンナム103便爆破事件の責任を問われた。

アメリカが、リビア人に反して証言させるために、証人1人あたり400万ドルを払ったことが露見した。

証人たちは金をもらって嘘をついた。

その後、証言を撤回している。

 

カダフィはまたリビア石油支払いをドルからアフリカディナール金貨に

変えようとしていた。

サルコジリビア人類金融安全保障への脅威と呼んだ。

リビアの「反乱者」の行なった最初のことは新たな中央銀行を創ることだった。

ロスチャイルドの所有の銀行だ。

西洋の私たちの銀行と同じような銀行

 

ロスチャイルド家世界の富の半分以上を所有すると考えられている。

ロスチャイルド所有銀行空気から金を作って利子をつけて売る。

まり私たちは決して負債を返すに十分な金を持っていないのだ。

 

私たちと私たちの子供たちは、ロスチャイルド銀行の利子の負債奴隷にされたのだ。

私たちの指導者キャメロンオバマサルコジ等と違い、カダフィ自分国民を売ることを拒否した。

 

リビア債務から自由だったのだ!

あなたにはもうわかるだろう。

カダフィ国民がこれほどの熱意で応えるのはなぜか。

 

自由で主権を持つ人々を爆撃するNATOの裏に誰がいるのか。

リビア人はイギリスアメリカヨーロッパが持っていないものを持っていたのだ。

リビア人たちは、彼らの最大の利益のために働く高潔で勇気ある指導者を持っていたのだ。

 

ロスチャイルドの最大の利益のために働く指導者ではなく。

リビア人たちはロスチャイルド銀行高利貸しの束縛から自由な彼らの国の富を

共有していた。

 

お金の発行へのロスチャイルド支配の圧政がなければ、私たちは皆

豊かな国民として生きられるだろうに。

 

私たちはロスチャイルド銀行家とお金で買われた政治家に何兆ドルポンドユーロを文字通り盗まれているのだ。

 

私たちは犯され、奴隷にされてきたのだ。

 

私たちがこの人道に反する罪を止めなければ、リビアも犯され奴隷化されるだろう。

NATOと「反乱者」によって3万人のリビア人が殺されたと推定される。

カダフィ直接民主主義を信じた。

 

彼の書いた『緑の書』に述べられている。

カダフィの『緑の書』をぜひ読んで欲しい。

 

彼は議会民主主義本質的に腐敗していると信じた。

国民自分たち自身を代表するべきであり、それは可能だと信じた。

この人物についての嘘を一生信じてきた私は、この本を読んで驚いた。

 

個人や集団や国が悪魔のようになり、犯罪者政府破壊されるのを

これ以上見ていられない。

 

メディアは人道に対する罪の犯罪者たちを擁護する。

私は犯罪国家戦争のための税金を払うのを拒否する。

彼らの爆弾の資金を払うのをやめよう。

税金を払うのを拒否しよう。

プロパガンダのために金を払うのをやめよう。

BBCライセンス料を払うのをやめよう。

私たちはリビアの人々へ連帯を示さねばならない。

人道に対するこの犯罪を目の当りにしながら何もしなければ、私たちは共犯であり、いつの日か、私たちに順番が回ってくる。

 

くたばれNATO

くたばれ国連

くたばれ新世界秩序!

今こそ行動するときだ。

勇気を出して立ち上がれ。

新世界秩序に対して集団で抗議しよう。

 

最後に、国連総会2009年9月23日におけるカダフィ氏のスピーチを挙げておきます。

http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50929014.html

----------------------------

イラクへの侵略で150万人以上が虐殺され、パレステナのガザ地区女性子供3200人余りが殺された。

9・11ビルに突っ込んだ旅客機は、ケネディ空港から飛び立ったのであって、イラクアフガンから飛んできた訳ではない。

ワクチン諜報機関に属する会社生産し、ウィルス故意にばら撒き大儲けしている。

 

すべての国は有害廃棄物ソマリア沿岸の経済的水域に投げ捨てるのを慎まなければならない、そして、お返しに、ソマリ族は船を攻撃するのを慎む。

我々はこの合意書の草案を作り、それを国連総会に提出する。

それは、解決である

解決法はソマリ族に対するより攻撃を増やすことではない。

さらに悪いことには、軍艦のためにソマリ族は魚をとるために海に入れない。」

-----------------------------------

カダフィ氏は、四面楚歌の中、たった一人で、腐敗した似非民主主義の欺瞞と闘い、正論を発言しつづけた真の英雄だった。

 

<転載終了>

 

カダフィ殺しのヒラリー婆さん一味

http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12129071062.html

ameblo.jp

 

イラク戦争は、ドル防衛、石油強奪、イラク人大量虐殺だった。

米次期政権の国防長官候補、「イラク戦争は誤りだった」