安心してください。宗教じゃありません。

 Qanon Qアノン 

Q - The Plan To Save The World (Subtitles)

https://www.huffingtonpost.jp/2018/11/06/qanon-theory_a_23581252/

 

希望を失くしてはいけません。

汝の敵(ディープ・ステート)と戦う人達がいたんです。

 

アメリカは裏の犯罪グループ「ディープ・ステート」によって長年支配されており、世界で起きている戦争や貧困問題などはこのグループが関与している。

ケネディ元大統領はディープ・ステートに立ち向かおうとしたが、巨大な力によって暗殺された。

ロナルド・レーガン氏以降の大統領はすべてディープ・ステートに関わっている。

アメリカにとって選択肢は2つしかない。1つは軍事クーデターを起こすこと。だがそれは失敗のリスクが高く、すでに手遅れでもある。

もう1つの選択肢として、良識ある軍人と世界の同志たちが考えたのが、ドナルド・トランプ氏に大統領になってもらい、国民を危険にさらさない形で合法的に秩序を取り戻す。

ディープ・ステートは北朝鮮も操り、核兵器で世界を脅している。金正恩朝鮮労働党委員長が突如、和平に前向きになったのはディープ・ステートから解放されたからだ。

テロ組織「IS(イスラム国)」もトランプ大統領が当選した後に掃討された。しかし、道はまだ半ばであり、犯罪者であるヒラリー・クリントン氏やバラク・オバマ前大統領、ジョージ・W・ブッシュ元大統領は健在だ。

そこで次の段階に入る。それこそがQだ。アメリカの諜報機関国家安全保障局NSA)」にいる善良な人たちが、Qと呼ばれる最高機密情報を流す。

その機密情報こそが、インターネット上の草の根運動「偉大な覚醒」を起動するためのプログラムにほかならない。

それはインターネットのアンダーグラウンドなチャンネルから始まり、次第にメインストリームへと拡散していく。

問題は資本主義か社会主義かでも、民主党共和党かでも、白人か黒人かでも、イスラム教徒かキリスト教徒かでもない。相手は巨大な力を持った犯罪者集団だ。

動画は「この計画を信じよ」

という一文で締めくくられる。

youtu.be

 

アメリカが救われれば、日本のディープ・ステートからの解放も遠い話ではない。汝の敵は人でも国でも宗教でもありません。憎悪です。ありとあらゆる憎悪を生み出してる組織、団体もディープ・ステートだと思います。